私の人生を変えたのは、オグ・マンディーノの「地上最強の商人」です。

地上最強の商人」とは?「この世で一番の奇跡」とは?あなたは何だと思いますか。

この世で一番のメッセージ

この世で一番のメッセージこの世で一番のメッセージ
オグ マンディーノ
竹書房 刊
発売日 2002-02
価格:¥1,260(税込)




3部作の完結編 2003-10-19
この本は”この世で一番の ~ ”の3部作の完結編です。2作目の”この世で一番の贈り物”がイマイチだったので、あまり期待しないで読んだのですが、これがさすが完結編だけあって、オグ・マディーノらしくうまく締めくくってくれました。前作の2冊を読んでいない方には薦められませんが、”この世で一番の奇跡”読んだ方には是非3部作すべてを読むことをお勧めします。

自分が強く甦る 2002-06-30
「この世で一番の奇跡」からの第3部作目。前2作に於けるオグとサイモンポッターとの出会いと素晴らしい関係、そしてオグにとって悲しい最後を走馬灯のようにふりかえります。
そして二人の友情は、共通した友人であるフランクリンによって再会を遂げます。
「この世で一番の奇跡」における   ”神の覚え書き”「この世で一番の贈り物」における  ”これからの人生”
「この世で一番のメッセージ」における”天国からのアドバイス”
これら全て、私たちにとっての綺麗に光り輝く至言の言葉だと思います。またこの本はオグマンディーノの生涯が綴られている感じがして、ファンにとっては興味深いです。


さらに詳しい情報はコチラから≫


この記事は2006/4/17に作成しました。

【オグ・マンディーノの生涯】
1923年生まれ。1996年永眠。

オグ・マンディーノは、米国ボストンに生まれました。高校卒業後は、アメリカ空軍中尉として活躍し、その後、保険の営業に取り組みますが、結果が出ず、家庭も崩壊。

自殺まで考えますが、偶然通りかかった図書館で、成功哲学の本を読み、開眼。独学で「人間の心のあり方」を研究し、営業マンとして大成功を収めます。

仕事をしながら、1968年「地上最強の商人」(The Greatest Salesan in the World)を出版し、一躍、人気作家となり、1972年からサクセス・アンリミティッド・マガジン社の編集長を勤めます。

1976年からは、著作活動と講演活動に従事し、アメリカで最も影響力のある作家の一人とされています。

著書は20カ国で翻訳され、総販売数は2500万部を超えています。