私の人生を変えたのは、オグ・マンディーノの「地上最強の商人」です。

地上最強の商人」とは?「この世で一番の奇跡」とは?あなたは何だと思いますか。

この世で一番の贈り物

この世で一番の贈り物この世で一番の贈り物
オグ マンディーノ
PHP研究所 刊
発売日 2001-12-06
価格:¥1,313(税込)




続編 2003-10-09
私がこの本を読んでの感想を素直に言うと、ただの続編。オグ・マンディーノの本らしく、大変読みやすく面白いのですが、”この世で一番の奇跡”が素晴らしすぎて、ただこの本は読者に再びラグピッカーに合わせてくれただけの本の様な気がします。続編は出さない方が良かったのではないかと思います。この本を買って読もうと思っている方は、物語の続編として読むのであって、過剰な期待をしない方がよろしいと思います。

菅氏の翻訳も秀逸です 2004-06-22
オグの語りの手腕はみごとで,「最大の贈り物」とは,自らの利益をかえりみずに隣人へさしだす献身である,というメッセージがしっかり伝わる.具体的には,①いかなる境遇においても,最善を尽くすことを決心する,②毎日あきらめずに繰り返す.さあ,何が起きるか楽しみです.


さらに詳しい情報はコチラから≫


この記事は2006/4/17に作成しました。

【オグ・マンディーノの生涯】
1923年生まれ。1996年永眠。

オグ・マンディーノは、米国ボストンに生まれました。高校卒業後は、アメリカ空軍中尉として活躍し、その後、保険の営業に取り組みますが、結果が出ず、家庭も崩壊。

自殺まで考えますが、偶然通りかかった図書館で、成功哲学の本を読み、開眼。独学で「人間の心のあり方」を研究し、営業マンとして大成功を収めます。

仕事をしながら、1968年「地上最強の商人」(The Greatest Salesan in the World)を出版し、一躍、人気作家となり、1972年からサクセス・アンリミティッド・マガジン社の編集長を勤めます。

1976年からは、著作活動と講演活動に従事し、アメリカで最も影響力のある作家の一人とされています。

著書は20カ国で翻訳され、総販売数は2500万部を超えています。