私の人生を変えたのは、オグ・マンディーノの「地上最強の商人」です。

地上最強の商人」とは?「この世で一番の奇跡」とは?あなたは何だと思いますか。

きっと飛べると信じてた

きっと飛べると信じてた
オグ マンディーノ Og Mandino 牧野・M. 美枝
ダイヤモンド社 (2003/04)
売り上げランキング: 31,742
おすすめ度の平均: 4.29
5 あったかい気持ちで満たされた
3 成功の種子
5 素敵な本!

(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)


●久しぶりに泣きました。オグ・マンディーノの作品の中では「十二番目の天使」の次に泣けるストーリーではないでしょうか。


●加えて、いつものオグ・マンディーノの作品のように「成功の種子」という毎日読むべきことばが添えてあります。この「成功の種子」も「地上最強の商人」の巻物の次に良いものだと思います。


●この「成功の種子」については、これから1年毎朝読むことにしました。「地上最強の商人」の巻物が私一番のお薦めですが、9800円と高いので、まずはこちらから試してみてはどうでしょうか。


きっと飛べると信じてた」オグ・マンディーノ、ダイヤモンド社
(私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)

【オグ・マンディーノの生涯】
1923年生まれ。1996年永眠。

オグ・マンディーノは、米国ボストンに生まれました。高校卒業後は、アメリカ空軍中尉として活躍し、その後、保険の営業に取り組みますが、結果が出ず、家庭も崩壊。

自殺まで考えますが、偶然通りかかった図書館で、成功哲学の本を読み、開眼。独学で「人間の心のあり方」を研究し、営業マンとして大成功を収めます。

仕事をしながら、1968年「地上最強の商人」(The Greatest Salesan in the World)を出版し、一躍、人気作家となり、1972年からサクセス・アンリミティッド・マガジン社の編集長を勤めます。

1976年からは、著作活動と講演活動に従事し、アメリカで最も影響力のある作家の一人とされています。

著書は20カ国で翻訳され、総販売数は2500万部を超えています。